ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI版LG G Flex「KS1301」がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGの6インチ曲面スマートフォン「LG G Flex」のKDDI版とみられる「KS1301」が11月19日付でFCCの認証を取得しました。FCC IDは「ZNFKS1301」。「KSXXXX」といった規則の型番はLGのKDDIモデルで採用されています。また、アンテナ配置を示して図面から本体の縦サイズが160.5mm、横サイズが81.6mmであることがわかります。このサイズはLG G Flexと同じ(正確には160.5 x 81.6 x 7.9~8.7mm)なので、KDDI版のLG G Flexで間違いないと思います。FCCの認証は、GSM 850/1900MHz、WCDMA 850MHz、Wi-Fi 2.4/5GHz(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetoth、NFCの周波数帯で取得しています。CDMA2000やLTEの周波数帯では認証を取得していません。KDDIは2013年冬モデルの発表会で、今後もPhabletを出していくと述べていました。現在のところPhabletと呼べるXperia Z Ultraと今回のLG G Flexの存在が判明しており、その意気込みは本当のように思えてきます。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDIの「ARROWS Z FJL22」が本日発売
「Xperia Z1S」の発売時期は2014年Q1で、中国価格は3,600元(約6万円)以下との噂
Android 4.4(KRT16S)では、「端末の暗号化」機能に関する重大なバグの修正が行われている

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP