ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「Galaxy SIII Progre SCL21」のソフトウェアアップデートを開始、国内利用中にローミング中と表示される問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDIは11月21日、Samsung製Androidスマートフォン「Galaxy SIII Progre SCL21」に対してシステムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。今回はAndroid 4.1バージョンにおける不具合解消アップデートです。KDDIの発表によると、日本国内で利用しているにもかかわらず、国際ローミングのアイコンが表示されてしまう問題が解消されるそうです。アップデート方法は、端末単体で実施する方法とパソコン接続で実施する方法の2通り。端末単体では、SC21の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」より実施できます。パソコン接続ではPCツール「Samsung Kies」を利用します。ダウンロードはこちらから。アップデート後のベースバンドバージョンは「SCL21KDBMK1」です。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが「スマートイメージングスタンド IPT-DS10M」の販売を開始
携帯3社、山陽新幹線の三原駅~広島駅のトンネル区間で12月20日より携帯電話サービスを開始
ヤフー、プッシュ通知機能を備えた「Yahoo!ニュース」のAndroidアプリをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。