ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Google翻訳」がv3.0にバージョンアップ、アプリUIが刷新、ハンズフリーの会話翻訳も可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが同社の翻訳サービス「Google翻訳」のAndroidアプリをv3.0にアップデートしました。今回はアプリUIのリニューアルを含む大規模なアップデートとなっています。新UIの特徴は履歴や翻訳結果などがGoogle Nowカード風の表示になって見やすくなったほか、アプリトップ画面に履歴が表示されるようになり、左右へのフリックで削除できるなど操作性も良くなりました。翻訳画面では、カメラ入力モードがカメラアプリのようなUIに変わり、前回バージョンよりも一度に選択できる文字数が増え、翻訳箇所の選択もしやすくなりました。音声入力モードでは、マイクに向かって話すと会話翻訳モードが有効になり、片方の言語の入力と翻訳が完了すると、自動的にもう一方の言語の入力受付が開始されるようになりました。ハンズフリーで会話翻訳を行うことができます。このほか、手書き入力モードにヒンディー語とタイ語が対応。カメラ入力モードにはアフリカーンス語、ギリシャ語、ヘブライ語、セルビア語が対応しました。「Gogole翻訳」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
‟HTC M8”のプリインストールアプリ一覧が流出
有料アプリが全て割引価格のAndroidアプリストア「Appmart」がオープン
Windows版Winampが2013年12月20日をもって提供終了

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP