ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

郊外イルミネーションTOP5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬はイルミネーションの季節。デートで都心のイルミスポットには毎年出かけているものの、いつもお決まりの場所ばかり…。そんな男子たちに対して「たまには遠出して、郊外のイルミネーションを女性を連れて行ってあげて!」と話すのは夜景&イルミネーションガイド・成海まおさん。ということで、女性ならではの目線で、都内から日帰りで行けるイルミネーションスポットBEST5を教えてもらった。 

【画像や図表を見る】

第1位「さがみ湖イルミリオン」(神奈川県・新宿から電車で約1時間10分)
「関東で最大級の400万球という圧倒的な規模、そして広大な斜面を活かしたダイナミックなデザインで、都心では決して観ることのできない美しい世界観を演出しています。2人乗りのナイトアトラクションなど、デートを楽しめる環境が整っているのも魅力。イルミネーションに+αがあると、欲張りな女性も必ず満足させられますよ」

第2位「東京ドイツ村 Winter Illumination」。(千葉県・新宿から車で約1時間20分)
「200万球が5万平方メートルの敷地内にきらめきます。音楽に合わせてイルミネーションが変化する『光と音のショー』は必見ですよ。観覧車に乗れば敷地全体を見渡すことができ、頂上からの眺めはかなりロマンチックです。毎年デザインのテーマが変わるので、行くたびに違う感動を味わえますよ。行き帰りに海ほたるへ寄れば夜景も楽しめるので、彼女は終始うっとり!」

第3位「榛名湖イルミネーションフェスタ 2013」(群馬県・新宿から電車&バスで約3時間20分)
「50万球と他に比べると光量は少ないものの、湖面に光が映るため球数以上の輝きを感じられます。1時間おきに実施されるレーザーショーでは、会場はもちろん、周囲の山肌などに光線が映る様子が幻想的。期間中5日間だけ花火があり、イルミネーションと一緒に観られる貴重な機会ですので、ぜひタイミングを狙ってみてください」

第4位「時之栖(ときのすみか)冬のイルミネーション 2013-2014」(静岡県・新宿から電車&バスで約2時間)
「イルミネーションに彩られた長いトンネルが名物ですが、ヴェルサイユ宮殿で開催されているものを再現した噴水ショーも見逃せません。 LED約300万球の光と水、音が織りなす壮大な演出はかなり迫力がありますよ」

第5位「足利フラワーパーク フラワーファンタジー」(栃木県・浅草から電車で約1時間10分)
「電球210万個以上と本格的ながら、花や虹などのかわいらしいモチーフが園内にちりばめられており、女性の心をつかむこと間違いなし。水面に映るピラミッド型のイルミネーションや、高さ23mの輝くクリスマスツリーも美しいですよ」

男性諸君、都心のイルミデートにマンネリを感じている女性を連れていき、ぜひ驚かせてあげて!
(黄 孟志)
(R25編集部)

郊外イルミネーションTOP5はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
冬のロマンチックデートプラン
日本一のイルミネーションは〇〇県
マンネリカップルに「ぷよぷよ」が効く
「全国イルミスポット お気に入りの探し方」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : エンタメ タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP