ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中東最古のスポーツ!? ドバイラクダレース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アラブ首長国連邦のドバイで行われた伝統の競技「キャメルレース」。レース用に調教されたラクダは、“ロボットジョッキー”を背にスタートの合図を待っている。ラクダを走らせてその速さを競う競駝(けいだ)は、アラビア半島諸国においては伝統的な娯楽のひとつ。スタート地点にずらりと並びいっせいに走り出す様子は競馬に近いが、5〜10kmと距離の長いレースが多いという。

【画像や図表を見る】

ラクダの上に乗り、鞭を打つのは人間の騎手ではなく、“ロボットジョッキー”。自動操縦のほか、リモコンによる遠隔操作もできるため、ラクダの所有者はコースの外で車に乗りロボットを操る。

レースのシーズンは9月〜翌年3月まで。観客は結果を予想してさぞ盛り上がっているはず…と思いきやイスラム教は賭博を禁じているために、“駝券”売場もなく、ハズレ“駝券”が宙を舞う光景もここでは見られない。
(R25編集部)

中東最古のスポーツ!? ドバイラクダレースはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
2万円から。「一口馬主」の皮算用
珍名も多い競走馬の「厳格ルール」
獣医に聞く! 真夏の動物トリビア
手軽に空撮を楽しめるヘリコプター
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。