ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾MediaTekが8コアCPUを搭載した新型スマートフォン向けSoC「MT6592」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の半導体メーカー MediaTekは11月20日、同社初の8コアCPUを内蔵した新型スマートフォン向けプロセッサ「MT6592」を正式に発表しました。MT6592はアプリケーション・プロセッサと通信用モデムを1チップに統合したスマートフォン用のSoCです、TSMCの28nm-HMPプロセスの下で製造されます。CPUは低消費電力型のARM Cortex-A7を8基搭載。CPUクロック数は最大2.0GHz。ARM big.LITTLE MP技術で各CPUコアが全て稼働する仕組みを採用しており、同社はMT6592を真のオクタコアアーキテクチャーを実現した世界初のモバイル向けSoCとしています。GPUは4コアのARM Mali-450MP4を採用しており、最大1,920 x 1,080ピクセルのディスプレイ、H.264フォーマットの4KウルトラHD動画のデコード、H.265やVP9といった新フォーマットの動画デコードをサポート。また、ハイレゾオーディオの再生やMHL 2.0、1,600万画素のプライマリカメラ、映像のフレームレートをCPUの負荷に応じて24/30/60fpsの間で自動的に最適化する「ClearMotion」機能を搭載しています。通信関連はIEEE802.11n、Miracast、Bluetooth、GPS、FMチューナーをサポートしたコンボチップと、GSM/WCDMA/HSPA+/CDMA2000/TD-SCDMAをサポートしたマルチモードモデムを内蔵。もちろんデュアルSIMもサポートしています。MediaTekの発表によると、LenovoやZTE、Huawei、Coolpad、Xiaomi、Intexなどの中国メーカーからMT6592を搭載したスマートフォンが発売される予定です。年内中に発売される機種の多くはAndroid 4.3(Jelly Bean)を搭載しますが、2014年早々よりAndroid 4.4(KitKat)を搭載した機種も発売されるとのことです。ちなみに、中国Intex社よりMT6592プロセッサを搭載した初のスマートフォンが本日より発馬いされるそうです。Source : MediaTek



(juggly.cn)記事関連リンク
Cyanogen Incが新しいCyanogenModスマートフォンの発表を予告
Androidアプリ「Amazonアプリストア」がリニューアル、アプリUIがスライド型ナビゲーションを採用したモダンなデザインに刷新
Googleが決済サービス「Google Wallet」に対応したプラスチック製カードの発行を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP