ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、2.5GHz駆動のSnapdragon 805シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは11月20日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon」ファミリーの新シリーズ「Snapdragon 805」を発表しました。Snapdragon 805は現行のSnapdragon 800の後継となる製品シリーズ名で、特徴はフルHDの4倍の画素数となる4K解像度(UHD)のエンコードとデコードの両方に初めて対応した‟ウルトラHD”プロセッサであること。CPUはCortex-A15を独自に拡張した「Krait 450」を4基搭載。CPUの最大クロック数は過去最高となる2.5GHz。GPUはAdreno 330よりも40%高性能とされる「Adreno 420」を搭載しており、モバイル向けプロセッサとしては初めて4K HEVC (H.265)フォーマットの動画デコードをサポートしています。また、DDR3-1600のデュアルチャネルメモリをサポートしたことで、メモリ帯域幅は最大25.6GB/sにまでアップしています。Snapdragon 805にはQualcommのマルチモードLTEモデム「Gobi MDM9x25」または「Gobi MDM9x35」が統合されています。無線LANでは、IEEE802.11acにも対応。アンテナ2本のMIMO構成にも対応しており、スリープットは600Mbps以上にまでアップしています。Qualcommの発表によると、Snapdragon 805シリーズは現在サンプル出荷中で、商用製品は2014年上半期中に発売されるそうです。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
Cyanogen Incが新しいCyanogenModスマートフォンの発表を予告
Androidアプリ「Amazonアプリストア」がリニューアル、アプリUIがスライド型ナビゲーションを採用したモダンなデザインに刷新
Googleが決済サービス「Google Wallet」に対応したプラスチック製カードの発行を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP