ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

銀杏BOYZ、9年ぶりアルバム『光のなかに立っていてね』『BEACH』同時発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

 

先日にメンバーの安孫子真哉とチン中村の脱退を発表した銀杏BOYZが、ニュー・アルバム『光のなかに立っていてね』とライヴ・リミックス・アルバム『BEACH』を2014年1月15日に同時リリースすることがあきらかとなった。 

 

銀杏BOYZ 『光のなかに立っていてね』 ジャケット画像

 

銀杏BOYZ単独の名義では、9年前の1月15日に2枚同時発売した『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』『DOOR』以来のアルバムとなる本作。三方背スリーブケースの初回盤が用意される『光のなかに立っていてね』は、アルバムの写真を川島小鳥、イラストを箕浦建太郎、デザインを坂脇慶、ディレクションをメンバーである峯田和伸が担当。『BEACH』は写真を村井香、イラストとデザイン、ディレクションを峯田が手掛けている。前者は10曲、後者は12曲を収録する予定だ。

 

銀杏BOYZ 『BEACH』 ジャケット画像

 

『BEACH』は、2008年に東京・渋谷La.mamaで行ったライヴ〈銀杏BOYZは神様を恨む〉〈銀杏BOYZの♥曼曼陀羅陀羅〉、2011に実施した〈スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー〉からの4公演の素材で構成。〈ライヴ・リミックス・アルバム〉と銘打たれた『BEACH』がどのような内容となるのかも気になるところ。続報に注目しておこう。

★銀杏BOYZから安孫子真哉とチン中村が脱退したことについてのニュースはこちら

 

〈銀杏BOYZ 『BEACH』本編で使用しているライヴ素材〉
〈銀杏BOYZは神様を恨む〉
2008.7.6 渋谷La.mama
 
〈銀杏BOYZの♥曼曼陀羅陀羅〉
2008.9.21 渋谷La.mama
 
〈スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー〉
2011.6.27
水戸LIGHT HOUSE
2011.6.30
福島club SONIC いわき
2011.7.4
仙台CLUB JUNK BOX
2011.7.7
盛岡CLUB CHANGE WAVE

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。