ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立命館大に物申すツイート運動拡散

DATE:
  • ガジェット通信を≫

立命館大学の学生がツイッターを活用して起こしている、同大学への意見表明運動が注目を浴びている。

【画像や図表を見る】

この運動を行っているのは、「未来を奪う大学 立命館」(@minus_r)というツイッターアカウントを持つ学生。アカウントは複数人で運営しているとのことで、グループを組んでこの運動を進めているようだ。

この運動がネット上で注目を浴びたきっかけは、彼らが同大学の衣笠キャンパスに貼り出したというポスターだ。11月9日からツイッターアカウントを開始し、最初のツイートで、「わたしたちは以下のポスターを先日立命館大学衣笠キャンパス内にて貼りだしました」という文面でそのポスターを紹介している。

ポスターは、大学が公式に掲示しているメッセージポスターに似せて作られたもので、一見大学側が貼り出したように見える作りになっている。その内容は、

「君は生まれながらにして、世界中の誰とも違う、唯一無二の『お客様』だ。だからこそ、とりあえず君が持っているそのカネを大学に預けてほしい。もし君が学費を払えなかったら、利子つき奨学金でも借りてほしい。『持つ者にも持たざる者にも、隔てなく高額の学費を』」(原文ママ)

という書き方で学費の額を皮肉ったり、

「ここには、個性を捨てさせる伝統がある。個性と個性が出会うことなく、監視と訓化の行き届いた環境がある。もし君が自由を求めるならば、大量の警備員たちが存分に手助けをしてくれよう」(原文ママ)

と、大学の警備体制に苦言を呈したりというもの。ポスターには、学内に立つ警備員の後ろ姿を写した大きな写真も添えられている。非常に凝った作りとなっており、制作した学生たちの強い思いがうかがえる。

このツイートのあと、彼らはツイッター上で、学費の使途への不満や“キャンパス完全禁煙”を大学が推し進めたことを批判する投稿を展開。「これらは大学のあるべき姿とは到底言えません。わたしたち有志はこうした立命館大学の現状を学内・学外に訴えていくために、今後も活動を行っていきたいと思います」という決意を述べている。

これらの一連のツイートは、ツイッターのまとめサイト「togetter」のページ「未来を奪う大学 立命館 ‏@minus_r」にまとめられ、同ページは11月17日17時時点で、約8万3000回の閲覧数となっている。多くのネットユーザーの関心を集めているようだ。

ただし、ユーザーの反応は賛否両論。彼らの行動に対し、ツイッター上には、

「学生がこのような発言・行動を始めているのはすごいこと」
「立命館、すごくいい大学です。こういったエネルギーが出てくること自体がひとつの象徴だよなあ…」
「これは安易に『嫌なら止めれば?』『学生だったらそんなことより勉強しろ』『死ぬ寸前まで勉強してから言え』『企業の内定ひとつ取って来い』と言っていい問題じゃないよなー」
「何しに大学に行ってんだろう? って思いました。人それぞれではありますが」
「この人は一体何のために大学にいるんだろう。大学はあくまでも学問の場でありアジる場じゃないというのに」
「時代遅れの学生運動希望か?」

といった様々な立場の声が書き込まれている。

反応は分かれるところだが、まとめの閲覧数が多いだけでなく、彼らのツイッターアカウントのフォロワー数は、開設からおよそ1週間で約1700人となっている(11月17日17時時点)。その主張は、ネットを通して少しずつ広まってきているといえるかもしれない。
(R25編集部)

立命館大に物申すツイート運動拡散はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
早稲田の面白サークルに称賛続々
大学の池にアヒルボート出現で騒然
バカッターにSHARPが痛烈皮肉
警察が悪ふざけ投稿啓発運動始動
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP