体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート ダーウィン周辺:大人の穴場リゾート編

オーストラリア・ノーザンテリトリー観光レポート ダーウィン周辺:大人の穴場リゾート編

オーストラリア注目の観光エリア“ノーザンテリトリー”の魅力をお伝えしていくシリーズ企画。第1回「エアーズロックが迎えるレッドセンター編」に続き、これから2回に分けて州都ダーウィンやカカドゥ国立公園、リッチフィールド国立公園などを擁する北部の“トップ・エンド”を、ガジェット通信取材班が実際に現地を訪れたレポートを中心に紹介していきます。

ノーザンテリトリーの詳細情報はコチラもご覧ください。

アウトバックの休日 | ウルル | ダーウィン | アリススプリングス | ノーザン・テリトリー、オーストラリア
http://www.australiasoutback.jp/[リンク]

旅の始まりはノーザンテリトリーの玄関口 ダーウィンから

手つかずのままのワイルドな大自然の魅力が語られることが多い一方で、実は洗練されたリゾート地でもあるノーザンテリトリー。第2回の記事ではリゾートとしての魅力にフォーカスして見どころを紹介していきます。まずはノーザンテリトリーの州都ダーウィンについて。

Googleマップより引用

ダーウィンはオーストラリア最北の寄港地として1869年に開かれた街で、1870年代初頭に、パイン・クリーク近くで金鉱が発見されたことから急速に人口が増加し、今では観光や行政、ビジネスの拠点となるノーザンテリトリーの玄関口となっています。シドニー湾の約2倍の湾に面し、熱帯ムード漂う現代的な街、ダーウィンは、毎年多くのクルーズ船を迎え入れるなど観光も盛んですが、「ダーウィン」の地名は、この入江を発見したジョン・ストークスらが、この一帯を友人であり進化論で知られるチャールズ・ダーウィンの名前にちなんで「Port Darwin」と名づけたことに由来しています。

日本からのアクセスは、シドニー、ケアンズやシンガポール、マニラ経由の便を利用できます。ガジェット通信取材班はJetStarを利用したマニラ経由の便でダーウィンに到着。乗り継ぎを入れても10時間半程度の距離で、時差は+30分と少ないため、出発したその日のうちに到着することができます。熱帯雨林気候のダーウィンは年間を通して30℃以上と気温が高く、訪問した10月上旬でも日本の真夏のような暑さでした。トップ・エンド観光のベストシーズンは4~10月の乾季。11~3月は雨季となり、雨による増水のためアクセスが制限される場所も出てくるのでご注意を。

実は日本とダーウィンとのかかわりは深く、過去には日本人による真珠漁が盛んだったり、現在では日本企業の国際石油開発帝石(INPEX)によるLNG(液化天然ガス)開発プロジェクトが進行中。第二次世界大戦時には日本軍がPort Darwinを空爆したという歴史もありますが、自国を守るために戦ったことに対して現地の人たちのマイナス感情はなく、戦後に日本企業の藤田サルベージが沈められた船の残骸の引き揚げ事業を担当したことから、日本人の勤勉さが評価されているそうです。

このダーウィンを中心に滞在し、ガジェット通信が訪れたリゾートスポットを紹介していきましょう。

編集部イチオシ! 大自然と触れ合うラグジュアリーリゾート Wildman Wilderness Lodge

Wildman Wilderness Lodge

最初に紹介するスポットは、「大人の穴場リゾート」のテーマにふさわしい、編集部イチオシのリゾート。ダーウィンとカカドゥ国立公園の中間にあり、ダーウィンから車で約2時間半と、大自然の真ん中にありながら好アクセスな立地のリゾートホテル“Wildman Wilderness Lodge”です。「ワイルドな荒野のロッジ」といういかつい名前からは想像できませんが、ここは大自然に触れつつゆったりした時間を過ごせる大人のリゾートなのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。