ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

標準ROMを搭載したNexus 5で高機能な音質制御アプリ「DSP Manger」を利用する方法(要root化)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カスタムROM「CyanogenMod」でお馴染みの音質制御アプリ「DSP Manger」をNexus 5に手動で導入できる形にしたパッケージファイルがXDA Developersで公開されました。DSP Mangerはイコライザを含むAndroid標準の「MusicFX」よりも高機能な音質制御アプリです。通常はCyanogeModにプリインストールされているのですが、標準ROMを搭載したNexus 5でも利用できるようにしたのが今回紹介するZIPファイルです。MusicFXでは満足できない方にオススメです。DSP Mangerにはダイナミックレンジコンプレッション、ベースブート、ラウドネス補正、5バンドイコライザ、バーチャルサラウンドツールが実装されており、それを使って音質を自由に変更できます。特徴はMusicFXよりも調節の自由度が高いところと、ヘッドホン/内蔵スピーカー/Bluetoothデバイス/USB接続機器の出力先ごとに独立して設定できるところです。DSP Mangerの導入方法は、XDA Developersのスレッドで配布されている「DSP+Apollo_Tomvs16_N5.zip」をカスタムリカバリよりインストールするだけなのですが、現在配布されているZIPファイルでは、ClockwrokModリカバリ・TWRPともにフラッシュ時にエラーが出てしまい完了できません。そこで、ZIPファイルを解凍して中のファイルを所定の場所に手動でコピーし、Nexus 5を再起動します。コピー先は、ZIPファイルを解凍するとディレクトリツリーでフォルダが生成されるので、それを見てください(ほとんどは/system配下にコピーします)。ちなみに、DSPManager.apkだけをコピーしても機能しません。DSPManagerをインストールすると設定メニューの「音」に「サウンド効果」が表示されます。ここでデフォルトのツールをDSP Mangerに変更すると、Google Playミュージックでイコライザを起動した時にMusicFXではなくDSP Mangerが起動するようになります。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
香港とインドのGogole PlayストアでNexus 5とNexus 7(2013)の販売が開始
Android版「オトラテ」にFeedlyのRSSフィードをラジオ風に読み上げる新機能が追加
Twitterの公式Androidアプリがv5.0.0にアップデート、ツイートの絞り込み機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP