ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のカジノ シンガポール型の親しみやすい家族層型系想定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今国会でカジノ基本法案が提出される動きを受け、関連企業や自治体がにわかに色めき立っている。では、日本にできるカジノはどのようなものになるのか。
 
 日本のカジノ解禁でモデルとして想定されているのが、シンガポールである。理由は、この国が2009年のカジノ解禁によって、著しい経済効果を上げているからだ。

 カジノの売り上げだけで年間5000億円規模に上り、2009年に約9576億円だった観光収入も、2012年には1兆7408億円とほぼ倍増している。

 シンガポールカジノの特徴とは、統合型リゾート「IR」(インテグレート・リゾート)である。その代表が、シンガポールでカジノ解禁後の2010年2月14日にオープンしたセントーサ島の大型IR「リゾートワールドセントーサ」だ。

 3年の工期と4000億円以上をかけて建設された49ヘクタール(東京ディズニーランドとほぼ同じ)という広大な敷地のなかには、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」やサーカスが鑑賞できるシアターがあるほか、高級ブランドのショッピングモールも整備。カジノで勝ったら、その足でブランドショッピングができるという流れになっている。

 そんな圧倒的なスケールの巨大リゾートが成立する理由はやはりカジノにある。

「リゾートワールドセントーサにおけるカジノの占有面積は全敷地の約3%(1万5000平方メートル)に過ぎませんが、この3%で全体収益の約8割を稼ぎ出している。つまり、儲かっているカジノが他の施設を補填して利益を出している」(カジノ関連企業に詳しい日本大学経済学部専任講師・佐々木一彰氏)

 これまではなかなか実現が難しかった超巨大リゾートも、カジノというエンジンがあることで維持できるというわけだ。日本のカジノリゾートの狙いもここにあり、2007年に国交省が作成した資料では、「マカオに惹かれるのは真のギャンブラー。シンガポールが求めている観光客はビジネスやファミリー客。カジノは一要素でしかない。期待している客層が違う」として、ギャンブルカジノよりも親しみやすいファミリーカジノを想定している。

※週刊ポスト2013年11月29日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大王製紙前会長通ったカジノ 一回に賭けられる額は7000万円
特区カジノの成功は中国の「上客」呼び込む計画が鍵と大前氏
移民=危険で治安悪化説は一面的な見方だと大前研一氏が指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP