ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貞本義行が描き下ろした「AKIRA」がシンジっぽくて話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインで知られる貞本義行さんが、大友克洋さんの人気コミック「AKIRA」のイラストを、アニメビジネス専門誌『アニメビジエンス』の表紙として描き下ろした。

創刊号は庵野秀明による「宇宙戦艦ヤマト」

庵野秀明さんによる『アニメビジエンス』創刊号の表紙

『アニメビジエンス』は、2013年8月に創刊されたアニメーション業界初のビジネス専門誌。

多様化するアニメビジネスを科学する(ビジネス+サイエンス)という意味で「アニメビジエンス」と名付けられ、創刊号は、アニメ監督の庵野秀明さんによる「宇宙戦艦ヤマト」の描き下ろしイラストだった。

今回発表された『アニメビジエンス Vol.02』の表紙を手がけているのは、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラデザをつとめる貞本義行さん。そして貞本さんが描き下ろしたイラストは、国内外で多大な評価を受ける、マンガ家の大友克洋さんによる人気コミック「AKIRA」より、主人公の金田正太郎だ。

貞本義行による「AKIRA」

1982年から連載された「AKIRA」は、近未来を舞台に荒廃した都市を描いたSFマンガ作品として絶大な人気を得、1988年の劇場版アニメも大ヒットを記録している。

2013年6月にはマンガ版「新世紀エヴァンゲリオン」の連載を完結させたばかりの貞本さんは、2013年11月に発売された人気ボーカロイドプロデューサーのMitchie Mさんのメジャー1stアルバムのジャケットに初音ミクを描き下ろしたことでも話題となった(エヴァ貞本、初音ミクを描く! Mitchie Mの1stメジャーアルバム発売決定)。

今回のイラストも、未曾有のコラボを目にしたファンから驚愕の声が挙がっている。特に、公開されるや否や、「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジに酷似していると話題となっており、「どう見てもシンジ」「シンジがグレたwwww」などという意見も。

販売は「キャラアニ.com」のみ

『アニメビジエンス Vol.02』は、11月中旬より販売予定。ビジネス専門誌のため一般書店では販売されず、キャラアニが運営する「キャラアニ.com」でのみ取り扱われる。

公式サイトからは、今号のダイジェスト版を読むことができる。表紙のインパクトもさることながら、濃厚な内容のラインナップとなっているのでこちらもチェックしてほしい。

関連商品


Akira [Blu-ray] [Import]Akira
発売 : 2013年11月12日
価格 : 3,628円(税込み)
発売元 : Funimation Prod

雑誌情報

アニメビジエンス 2013年秋号

【巻頭特集】
○地域活性化はアニメ産業を幸せにするのか?
・地域発信アニメ『恋旅』を成立させた制作会社と自治体の方法論
・地方が舞台のアニメ『あの花』放映半年で秩父に3億2千万円
・キャラクターで地域活性化「くまモン」はなぜ、成功したのか?
・イベントで地域活性化 アニメと地域をつなぎ「京まふ」へ  他

【データ特集】
○2012.9〜2013.8 ビデオグラム<セル・レンタル・VOD>統括
・パッケージは本当に売れなくなっているのかなどを検証

【アニビズデータバンク】
○2013年7月〜9月期
・国内のTVアニメ、劇場用アニメ、OVAの各種データを掲載

【2020年 東京オリンピック開催決定 特別企画】
○クールジャパンとオリンピック
・境真良/まつもとあつし(本誌)緊急対談

【連載】
・浜野保樹のクリエイターズ・ファイル:細田 守(アニメーション監督)
・Check it out クリエイティブ・スタジオ:FOREST Hunting One
・アニメソムリエ・スワッチ(*1)の業界見聞録
・弁護士・福井健策の著作権と法務とアニメ
・丸山正雄(*2)のアニメバカ一代記
・the other side 海外リポート
・クールジャパンを追う!(新連載)
*1:読売テレビ/プロデューサー・諏訪道彦
*2:マッドハウス/元社長

関連記事

話題の「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」、ついに東京上陸
貞本エヴァ最終回が掲載された『ヤングエース』、完売店続出! 異例の再掲載が決定
エヴァ貞本、初音ミクを描く! Mitchie Mの1stメジャーアルバム発売決定
イラコン AKIBA2013 大野木寛、貞本義行、種村有菜らが公式審査員の大型コンテスト
ドワンゴ会長の川上量生、「エヴァ」製作の株式会社カラー取締役に就任

関連リンク

アニメ ビジエンス
キャラアニ.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP