ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“神イベント”再び! 今度は「ホンモノ芹那と リアルデート」に密着してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

何度か追いかけている『眠眠打破』企画。この夏は芹那さんから直接“型取り”したという等身大フィギュアのニセリーナさんとご本人を中心に、いくつかのイベントレポートを行ってきた。

そんな『眠眠打破』イベントの中でも、ファンの間で「神企画」と名高かった企画をご存じだろうか。これは、当選者とリアルアイドルが実際に屋形船に乗って楽しい時間を過ごすというもの。過去に話題を呼んだかなりの好評イベントだったので、いまだに覚えている人も多いだろう。

2013年もそれに匹敵するイベントが行われると聞きつけ、今回も常盤薬品さんの協力を得て参加させてもらえることになった。

今回の企画はズバリ「ホンモノ芹那とリアルデート」。ニセリーナさんではなく、ホンモノの芹那さんと当選者が隣同士の席で都内をドライブするという内容だ。
さすがに二人きりの密室、というわけにはいかないが、それでもファンにとっては、夢のような時間であることは間違いない。

車は『眠眠打破』特別仕様のラッピングバス。このデートカーに芹那さんと一緒に乗って渋谷、表参道、原宿を周遊するのだ。

集合は青山のカフェテラス。
芹那さんとの“1対1デート”を勝ち取ったのは女性の「むっちゃん」さん。
緊張しながら待っている彼女に今回の当選のいきさつを聞いてみた。ちなみに1対1デート当選は彼女のみである。ファン歴3年のむっちゃんさん、実は『眠眠打破』6本で当選を勝ち取ったという豪運の持ち主だった。

「緊張で手汗がすごいです!」と語る彼女、ホンモノ芹那さんの登場でその緊張はクライマックス。芹那さんと記念撮影をし、直筆サイン入りのポラロイド写真を手渡しでプレゼントされた。

「ただいま芹那とデート中。うらやましいだろ」と描かれたラッピングバスに乗り込み、「眠眠打破~!」の掛け声でドライブがスタート。

このとき同時にニコニコ生放送での中継も行われたのだが、視聴コメントでは「え、これ、生放送なの?」と驚きを隠せない声も見られた。

沿道では多くの人がこのド派手なバスに注目。にこやかに手を振る芹那さんを見かけて驚く人、手を振りかえす人、さまざまだった。
「結構目立ちますよね、みんなの視線を独占していますよ」というMCの問いかけに「こっそりデートしたいよね」と笑う芹那さん。

楽しい時間はあっという間。握手を交わしてお別れとなったが、忘れられない思い出ができたはず。

続く2対1の組は「りゅう」さんと「ゆうき」さん。今度はお二人とも男性。ファン歴4年のりゅうさんは60本の『眠眠打破』、ゆうきさんは9本で今回の席を勝ち取ったという。多数の応募があったことを考えるといずれも強運の持ち主だ。りゅうさんは遊びに行くときや起き抜けなどで『眠眠打破』を愛用しつつ、今回の応募のためにも購入したとのこと。

複数組は、公平に席順を決めるくじ引きを行いバスに乗り込んだ。この日の青山は非常に天気が良く、風通しの良いバスでドライブするには最高の条件だった。

風を受けながら話す芹那さん。至近距離で笑う彼女の表情を二人が独占しながら、渋谷のドライブは続く。こうなると沿道の視線も、心地よいかもしれない。

取材をしながら記者も「こんな近くでアイドルと一緒に過ごせるのは、ちょっとやり過ぎじゃないだろうか」と思うくらいドキドキさせられる時間だった。

同乗したMCからは当選したファンに“声マネしてみてください!”とムチャ振りされる場面も。ホンモノの芹那さんを前に声マネをするというのは、なかなかハードルが高いものの、芹那さん含めみんな楽しんでいた様子。

この日、合計6組13名の当選者が、贅沢な“デート”を楽しんだ。なかなか類を見ない企画だけに、おのおのにとって、相当貴重な時間となったはずだ。
「これから原宿に来るときは、今回(のデートイベント)を思い出してしまいますね」と感想を述べた。

今後もこうした“神イベント”が行われるかどうかは不明だが、オモシロ企画があれば、どんどん追いかけたいと思う。「こんな企画を取材してほしい!」という方は、ガジェ通にぜひお知らせいただきたい。

『眠眠打破』ブランドサイト
http://minmin.tv/

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP