ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android向けにRAW画像のサポートを含む新しいカメラAPIを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid向けにRAW画像の記録を含む新しいカメラAPIを開発していることが判明しました。これは、GoogleのGITリポジトリで、”Android.hardware.photography”と呼ばれるAPIクラスが発見されたことで明らかになりました。この新APIでは、現行のカメラAPI”android.hardware.camera”にはない新機能がいくつかサポートされています。新APIは2012年12月より開発が進められており、一度コミットされたものの、約1か月前の10月㏪に取り消しとなっていました。GITリポジトリのコメント欄には、‟まだ完成していない”と記載されており、当初はAndroid 4.3またはAndroid 4.4向けに開発されていたものの、まだ完成していないために実装されていないと考えられます。”Android.hardware.photography”の新機能としては、‟フル機能を有するデバイス”の場合にフレーム単位でのハードウェア制御と高フレームレートでの後処理パラメータ制御機能が有効になるほか、画像のJPEG出力に加えて非圧縮形式の高解像度出力(RAW)も有効になります。また、顔認識機能やバーストショット機能もサポートされています。Source : Google(1)(2)Ars Technoca



(juggly.cn)記事関連リンク
コヴィアがWi-FiとBlueooth v4.0に対応したスマート体重計「Smart Body Analyzer WS-50」を発売、Androidアプリから測定データの閲覧も可能
Samsung、海外版Galaxy Note II向けにAndroid 4.3アップデートを配信開始
Galaxy Gearの販売台数は発売から2か月弱で80万台

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP