ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツイッターの公式まとめは発展途上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツイッターは11月12日、ユーザーが自由にツイートをまとめることができる「カスタムタイムライン」という新機能をリリースした。

【画像や図表を見る】

「カスタムタイムライン」とは、あるテーマに沿ったツイッター上のつぶやきを任意に集めてタイムラインとして表示できるサービス。特定のスレッドに投稿された書き込みから一部をピックアップする、2ちゃんねるのまとめサイトや、ネット上の様々な情報をまとめる「NAVERまとめ」などと同種のものだ。作成した「カスタムタイムライン」には個別のURLが割り当てられ、通常のウェブブラウザで閲覧することができる。ツイッターのまとめサービスとしては「Togetter」というものがすでにあるが、これにかなり近いものといえそうだ。

「カスタムタイムライン」を作成・管理するには、「TweetDeck」というアプリが必要で、現時点ではこの機能を利用できるのは一部のユーザーのみとなっている。

「Togetter」や「NAVERまとめ」であれば、そのサイトに行けば、いろいろな“まとめ”を閲覧することが可能で、そこから面白そうな“まとめ”を探すこともできる。しかし、現在の「カスタムタイムライン」は、個別のURLが割り当てられるだけで、それらを集約した形で見ることができないという状況だ。つまり、ほかのユーザーが作った「カスタムタイムライン」を目にする機会が少ない。このシステムに関してツイッターユーザーからは、

「カスタムタイムラインは簡単に閲覧する仕組みがないと普及しなさそう」
「ためしにツイートに脈絡も無くカスタムタイムラインを作ってみたけど、Twitter内で作れるtogetterのようでもあり、単なるお気に入りのようでもあり。使い勝手もわからないけど、ツールは活用する人次第か…」(すべて原文ママ)

などの意見が寄せられている。

リリースしたばかりということで、まだまだ発展途上の「カスタムタイムライン」。「Togetter」や「NAVERまとめ」のような利用しやすいサービスになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。
(R25編集部)

ツイッターの公式まとめは発展途上はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
フォロワー数増加上位者の共通項
爆笑必至の迷惑メールが一挙大集合
「被災地いらなかった物」が話題
ネット界に新たな“癒やし猫”出現
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP