ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2013年Q3の国内スマートフォン出荷台数は688万台、AppleとSony Mobileのシェアが大幅に拡大

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

IT専門の調査会社 IDC Japanが国内における2013年Q3(7月~9月)の携帯電話出荷台数に関する調査結果を発表しました。この3カ月間の携帯電話の総出荷台数は前年同期比18.6%減の899万台。このうち、スマートフォンの出荷台数は前年同期比13.7%減の688万台でした。どちらも前年同期比でマイナス成長となっています。同社はこのような結果となった主な要因として、Androidスマートフォンの販売不振としています。また、前年同期が良すぎたことにより相対的に減ったとも述べています。スマートフォン率は76.5%と大きくは変動していませんでした。スマートフォンのメーカー別シェアでは(括弧内は2012年Q3のシェアです)、トップはAppleで54.1%(24.9%)、2位はSony Mobileで20.5%(11.8%)、3位はシャープで7.3%(13.9%)、4位は富士通で5.9%(23.5%)、5位はSamsungで3.6%(9.5%)、残り8.6%は「Others」入りです。2012年Q3と比較してAppleとSony Mobileの2社がシェアを拡大し、それ以外のメーカーのシェアは縮小という結果でした。Source : IDC Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Gearの販売台数は発売から2か月弱で80万台
2014年4月1日からドコモポイントとJALマイルの相互交換が可能に
ZTEがSnapdragon 800を搭載した「Nubia Z5S」とIGZO液晶を搭載した「Nubia Z5S mini」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。