ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Amazon、Kindle Fire HDとKindle Fire HDXにFire OS 3.1を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Amazonは現地時間11月18日、Kindle Fireタブレットの新ファームウェアバージョン「Fire OS 3.1」の提供開始を発表しました。Fire OS 3.1は、(おそらく米国のみ)Kindle Fire HDシリーズとKindle Fire HDXシリーズに対して無償で配信(OTA)されています。Fire OS 3.1における新機能は、書籍系SNS「Goodreads」を統合。書籍を閉じずにオンラインの書評を閲覧できたりする。セカンドスクリーン機能を追加(ワイヤレスディスプレイのこと?):Amaoznの動画・テレビ番組をテレビ上で再生しつつ、手元のKindle Fireで映像を操作したり、独自のX-Ray用UIで出演者情報などを閲覧できる。また、テレビ上でメールを作成したり、WEBブラウジングすることもできる。企業利用のための機能強化:VPNやKerberos認証をサポート、SCEP (Simple Certificate Exchange Protocol)クライアント機能を実装など。ワイヤレス印刷機能を追加Cloud Collections機能を追加Speech-to-Text機能を追加:オンライン時は全ての言語で使用可能、オフライン時は英語のみ使用可能パフォーマンスの向上やバグの修正などSource : Amazon



(juggly.cn)記事関連リンク
ZTEがSnapdragon 800を搭載した「Nubia Z5S」とIGZO液晶を搭載した「Nubia Z5S mini」を発表
NTTドコモ、契約年数10年以上のユーザーにドコモプレミアクラブの新クーポン「スペシャルクーポン」と「プレミアムクーポン」を2014年4月1日より提供
Galaxy Gear用カスタムROMが初公開、Galaxy Gearのファームウェア書き換え手順も紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP