ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BL業界に新風! “メリバ”アンソロジーが発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 ボーイズラブ(以下BL)業界ではこれまで様々なテーマのBL誌が発行されてきた。そして、その大部分がハッピーエンドで結ばれているのが特徴だった。
 そんなBL業界に、新たな風が吹き込まれる。
 11月15日に海王社より発売されるボーイズラブアンソロジー『病みBL』のキャッチコピーは、“心が壊れてもなお渇望する―――それは「究極の愛」”だ。

 ボーイズラブ(以下BL)とは、男性同士の恋愛を描く漫画や小説のジャンルのこと。
 この「病みBL」は通常のBLアンソロジーとは異なり、元来のハッピーエンド主義を覆したBL業界初の「メリーバッドエンドアンソロジー」がテーマとなっている。
 メリーバッドエンド(以下メリバ)とは、周りから見れば不幸な結末であるが、当人たちにとっては幸せであるという結末のこと。バッドエンドとは異なる、更に細分化されたジャンルで近年生まれた造語である。

 長らく読み継がれてきた太宰治の『人間失格』や、芥川賞を受賞した金原ひとみの『蛇にピアス』、アニメ『ひぐらしのなく頃に』や『魔法少女まどか☆マギカ』など「人の精神が蝕まれていく様子、その心の闇を描いた作品」が評価され、暗澹たる世界感・物語性が人々の心を惹きつけてやまないのは事実であるが、その奥深さをBLで味わえるのがこのアンソロジーの醍醐味といえる。

 アンソロジーの内容は『病みBL』というのタイトルの通り衝撃的で、偏執病、SM、心中、共依存―――偏執病に蝕まれ恋人を苛む男や、元恋人に取り憑かれた男、生きている現状に耐えられず心中を選ぶカップルなど、愛するが故に心を病む男たちの「究極の愛」が描かれる。
 執筆陣は『イベリコ豚と恋と椿。』(海王社/刊)のSHOOWAを筆頭に、『ほんと野獣』(海王社/刊)の山本小鉄子が綺月陣原作のコミカライズで登場。六青みつみ(挿絵:緒川千世)の小説も掲載されている。
 そのほか、タクミユウ、倫敦巴里子、紺色ルナ、タカハシマコ、麻生ミツ晃、黒田 屑、大島彰子(コラム:高永ひなこ、雨隠ギド、小山田あみ、高宮 東、松木加斎、黒岩チハヤ)など、ストーリーに定評があり、実力派として知られる作家陣が織り成す『病みBL』。
 BL業界初のメリーバッドエンドアンソロジーは、果たして読者の心に何を残せるのか――。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
BL小説界屈指の作家が書いた女性のためのごほうび恋愛小説
あなたはどのイケメンが好き? より過激で甘いロマンス小説が登場
“猫”がきっかけになってボクサーからマンガ家に転身?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP