体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の女性ソウル・シンガー、Nao Yoshiokaの初アルバムが〈タワレコメン〉に

 

 

2009年から2年半NYに滞在し、アポロ・シアターのアマチュア・ナイトでの準優勝や、US最大級のゴスペル・フェスティヴァルで40,000人のなかからファイナリストに選出といった実績を残して大きな注目を集めている女性ソウル・シンガー、Nao Yoshioka。ゴードン・チェンバースに絶賛され、〈和製アリシア・キーズ〉とも称される彼女が、人気レーベルのSWEET SOULよりファースト・アルバム『The Light』をリリースした。 

Nao Yoshioka 『The Light』ジャケット画像

US、オランダ、日本の3チームでレコーディングされた本作は、タワーレコードでもオススメ・アイテム〈タワレコメン〉として全店で大きくプッシュ中の1枚。シングル曲“Make the Change”はオランダのシャーマ・ラーズをフィーチャーしたヴァージョンが収められ、ほかにも福原美穂が作曲に参加し、Nao Yoshioka本人が作詞に挑戦したタイトル・トラック“The Light”、シングル・カットが決定したブライアン・オーウェンス作曲の“Spend My Life”、ニーナ・シモンの名曲をシャーマ・ラーズがアレンジした“Feeling Good”、ビヨンセが映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」のなかで歌ったエタ・ジェイムス“At Last”、サム・クック“A Change Is Gonna Come”のカヴァーなど、ボーナス音源を含め計11トラックが楽しめる。

 

 

なお、彼女は11月30日(土)にタワーレコード新宿店でミニ・ライヴとサイン会を実施。ライヴの観覧はフリーとなっており、同ショップで『The Light』をお買い上げいただいたお客さまには、先着でサイン会参加券をプレゼント中です。Nao Yoshiokaの歌声を生で体感した方はぜひ足をお運びください!

 

〈Nao Yoshioka 『The Light』収録曲〉
1. Feeling Good
2. The Light
3. Spend My Life
4. At Last
5. A Change Is Gonna Come
6. Certifiable
7. I’m Not Perfect
8. Make The Change feat. Shirma Rouse (Album Ver.)
9. His Eye Is on the Sparrow
10. Make The Change (Original ver.) ※ボーナス・トラック
11. Ain’t No Mountain High Enough (Live) ※ボーナス・トラック

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

私が初めて彼女の歌声を聴いたのは、良質なネオ・ソウルばかりを取り扱うステキなレーベル、SWEET SOULから出たコンピレーション・アルバム『WORLD SOUL COLLECTIVE VOL.1』に収録された“Make The Change”。〈ホントに日本人?〉と目と耳を疑ったほどで、まさにタイトル通り〈何かを変える〉そんな意思と力がこもった印象的な1曲でした。

その後、US本国で絶大な評価を得ているシンガー、ブライアン・オーウェンスと共に名曲“Ain’t No Mountain High Enough”をタミー・テレルを彷彿とさせる圧巻の歌声で披露している動画を観て感動。現地の人は彼女の歌に立ち上がって拍手喝采しており、涙する人もいるほど! 奇跡の歌姫の誕生の瞬間と言えるこのライヴの音源は、新作『The Light』にボーナス・トラックとして収録されてます。もしオリンピックのソウル部門があったら間違いなく日本代表のシンガーに選ばれるであろうNao Yoshiokaのファースト・アルバム『The Light』、ぜひチェックしてください! (新宿店 松井)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会