ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝がRockchip製プロセッサを搭載した7インチAndroidタブレット「REGZA Tablet AT374/28K」を発表、11月22日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝は11月18日、同社の「REGZA Tablet」シリーズの新製品として7インチディスプレイを搭載した「REGZA Tablet AT374/28K」を発表しました。発売予定日は11月22日です。AT374は、Android 4.2(Jelly Bean)を搭載した画面サイズ7インチの小型タブレット。REGZA Tablet初のRockchip製プロセッサを搭載したエントリーモデルです。ラインアップはストレージ容量16GBの「AT374/28K」1種類。価格はオープンですが、実売価格は29,800円前後です。本体にはステレオスピーカーが搭載されており、クリアなサウンドを提供するSRS Audio Enhancement機能も利用できます。また、「ATOK for Android」もプリインストール。ディスプレイは7インチ1,024 x 600ピクセルのLEDバックライト液晶、プロセッサはRockchip RK3188 Cortex-A9 1.6GHzクアッドコア(GPUはMali-400MP4)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットもあります。カメラは背面に300万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は不明ですが、駆動時間は8時間とされています。本体サイズは197.0 x 115.8 × 10.9mm、質量は345gです。Source : 東芝



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1のカメラ起動音やシャッターキーによる連写を停止できるXpesedモジュール「Z1 Camera Tweaks」が公開中
米Amazon、Kindle Fire HDとKindle Fire HDXにFire OS 3.1を提供開始
上海問屋でメガネ型スマートフォンスタンド「DN-10192」が発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP