体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国『Google』撤退発表後に偽サイト登場! その名も『Goojje』

Goojieトップ

中国から撤退すると報道発表した『Google』だが、そんな中、中国らしい面白いことが起きているという。なんとユーザー数十人で作られた偽サイトが登場したのだ。その名も『Goojje(グージエ)』と言う。

『Google』は中国での表記を「谷歌(谷哥)」としており、「哥」は兄を指す言葉になる。今度の偽サイトは「谷姐」となっていることから「jje」は姉を指す言葉だという。既に多くのユーザーがこの『Goojje』を使っており中には本物だと思っている人もいるという。もちろん検索も行うことができて、その他のコミュニティもあるという。

検索結果

実際にこの『Goojje』を使い日本語での検索を行ってみたが実際に検索をすることが可能だった。偽ものながら検索機能は十分でそのほかの機能もとくに問題ないように思えるが……。

ちなみに開発したのは20歳の女子大生達だという。

Goojje

■関連記事
『iPad』を購入するべき10の理由!
アップル、電子書籍やウェブ閲覧などに使えるタブレットPC『iPad』をついに発表
『FF13』いよいよ投げ売り開始! 買っちゃえ3980円だし!
有名エディタ『秀丸エディタ』の公式コミュニティで問題発生「責任を放棄するのか?」
『ドラゴンクエストVI』のマジコン対策は「焚き火ループ」と判明

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会