ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップル、電子書籍やウェブ閲覧などに使えるタブレットPC『iPad』をついに発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0242233_02


昨年からウワサされていたアップルのタブレットPC『iPad』がとうとう発表されましたね。日本時間午前3時の発表を、パソコンの前で待ちかまえていた人も多く、『Twitter』などでずいぶん盛り上がっていたようです。『iPad』の発売は3月下旬以降、米国での希望小売価格は499ドルから。発売と同時に、米・大手出版社が参加する電子書籍ストア『iBookstore』もスタートします。

0242233_01

『iPad』は、ウェブの閲覧、電子メール、ビデオや音楽の視聴、ゲーム、電子書籍の読書などに使えるタブレットPC。厚さ約1.3cm、重さ約680gと、現在販売されているネットブックなどに比べて薄型・軽量です。9.7インチと大型で高解像度のマルチタッチディスプレーを搭載しており、すべてのアプリケーションは縦横いずれの方向でも使用可能。きわめてレスポンスがよく、ウェブページのスクロールやゲームも快適に行えます。スクリーンとほぼ同じサイズのインテリジェントソフトキーボードにより、メールの送受信も簡単にできます。また、『iPad Keyboard Dock』を使えば、ハードウェアのフルサイズキーボードに接続も可能です。

0242233_03

12種類のマルチタッチアプリケーションを搭載しているほか、『App Store』が提供する14万のアプリケーションのほぼすべてを利用可能。これまでに『iPhone/iPod touch』用に購入したアプリケーションを『iPad』上で利用することもできます。電子書籍を読書するためのアプリケーション『iBooks』、電子書籍ストア『iBookstore』も新たに発表されました。『iPad』が一台あれば、音楽を聞きながら読書を楽しむこともできますね。

『iPad』のラインナップは、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルの2種類のバージョンに、それぞれ16GBモデル、32GBモデル、64GBモデルの、合計6モデル。米国での希望小売価格は、Wi-Fiモデルの16GBモデルが499ドル、32GBモデルが599ドル、64GBモデルが699ドル。Wi-Fi+3Gモデルの16GBモデルが629ドル、32GBモデルが729ドル、64GBモデルが829ドル。発表前に予想されていた価格よりリーズナブルな設定です。

「魔法のような革新的デバイス」とスティーブ・ジョブズ氏に発表された『iPad』。いったいどんな驚きを感じさせてくれるのか、早く実物を触ってみたいものです。日本での販売開始時期や価格は、後日発表されるとのこと。おそらく4月頃になるようですが、春が待ち遠しいですね。
 
 

■関連記事
42.195kmを指で走れ! 『iPhone』向け長時間耐久アプリ『Finger Sports Marathon』
アップル、世界初のマルチタッチマウス『Magic Mouse』を発表
新しい『iPod nano』はビデオカメラ、マイク、スピーカー付き、カラフルに9色で展開

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。