ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パートのダメな職場は求人広告で見抜ける 良い条件は疑え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パートを始めようとする時、巷にあふれる求人広告のどこを見ているだろうか。「時給のいいパート、ないかなぁ」そんなことばかりを考えて仕事を探していると、大きな落とし穴が待っているかも。あなたに合う仕事、続けられる職場、そのヒントは求人広告にこそある。

 夫がリストラに遭ったA子さん(52才)は、時給850円の弁当店のほかに、週末は割烹料理店で働くことに。求人広告のフリーペーパーに載った1000円という時給にとびついた。

 最初は土日とも、昼も夜も仕事があった。ところが、徐々にペースが落ちた。言われていた通りに、休前日に出勤確認の電話を入れると「明日は来なくていいです」と告げられることが増えた。「これからどうなるんだろう」。

 さらにもう一つ、明細書を渡されず、タイムカードを早めに押させて約30分間の働き(500円相当)をなかったことにするなど、妙な仕打ちも多かった。A子さんは、なぜパート選びを間違ったのか。ヒントはどこでその仕事を見つけたかにある。

 求人サイトで知られる『アイデム』の東日本事業本部マネジャーの岡安伸悟さんは「求人の出ている媒体は、差別化が図られている」と話す。

 例えば、折り込み広告は新聞と一緒にその世帯へ配られるため、主婦、特に子育てが落ち着いた世代を意識し、インターネットは20~40代の女性層にユーザーが多いという。

「10代は、ネット経由よりも、フリーペーパーのほうが目にとまりやすいようです」(岡安さん)

 雇用側は当然、そうした媒体の特性を踏まえて求人を出す。A子さんはフリーペーパーで、自分向けではない求人を見てしまったのか。どうりで、周りが若いわけだ。ほかにも、見ただけではわからない、求人広告のワナがある。

 B子さん(35才)も、求人広告を見てパート先を決めたうちの1人。仕事は中堅の広告代理店での事務作業だ。週休2日、時給1050円という好条件に加え、正社員登用への道が開かれていることも、B子さんには願ったり叶ったりだった。

 6才の一人娘には、ピアノもバレエも続けさせたい。そのためには、お金が必要だ。ところが、いざ働き始めると、求人広告には書かれていないルールが気になりだした。

「12時からのお昼休みは、外出禁止。お昼を食べに出かけると、1時間では帰ってこない人がいるからというんです。なので職場でお弁当を食べるんですが、なんだか息が詰まってしまって。電話が鳴れば対応しなければならない。もちろん、昼休みなので、時給は出ません」

 それでも、正社員になれるなら我慢もできた。

「ウソでした。そもそも、その事務所で働いている人のうち、正社員は1人だけなんですよ。ほかの人はみんな、私みたいに『正社員になれるかも』と思ってやってきて、現実を知った人ばかりです」

 思いあまって、娘に、ピアノかバレエ、どちらかやめることを促したら、大声で泣かれてしまった。 求人広告には書かれていなかった、職場の暗黙の了解。このやっかいな存在を見抜くには、どうしたらいいのか。

 それは「時給だけにつられないことです」と岡安さん。特に、業務内容がさほど大変そうでないのに、時給が高い場合は、注意が必要という。

「ずっと求人が出続けているケースも要注意です。もちろん増員の場合もありますが、人が定着しにくい理由があるとも考えられます」

 高い時給も破格の条件も、疑ってみたほうがよさそうだ。

※女性セブン2013年11月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
求人広告の罠 低時給で働かせ「やる気次第と書いたからOK」
就活リクナビ 自衛隊求人広告「企業理念」の欄にグッとくる
パートの時給が軒並みアップ 外食産業の新規出店増加が要因

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。