ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

14nmプロセスを採用した次期Atomプロセッサ「Cherry Trail」の主要スペックが流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelのタブレット向けAtomプロセッサの次期モデルとなる「Cherry Trail」の主要スペック情報を記載した画像が中国のWEBサイト VR-Zone Chineseで流出しました。Cherry Trailは現行のBay Trailの後継として2014年にリリース予定のタブレット用のSoCです。AirmontアーキテクチャーのCPUを内蔵しており、CPUクロック数は最大2.7GHz。主な変更はプロセス技術が22nm→14nmに移行したことで更なる高速化と省電力化が見込まれることです。噂では、Cherry Trailは2014年のComputex 2014で正式に発表され、その年の秋にそれを搭載した製品が発売されると伝えられています。流出した資料にはまだ公開されていない情報がいくつか掲載されています。まずはSoCのコードネームは正確には「Cherry Trail-T」となる模様。CPUはクアッドコアで4スレッド対応。RAMはLPDDR3-1600とDDR3L-RS-1600に対応。Bay Trailと比較してRAM容量は8GBに倍増し、より高いデータ転送レートのRAMが使用可能になったことで、メモリ帯域幅が25.6GB/sに向上しています。対応OSは現時点でWindows 8.1とAndroid 4.4(KitKat)となっています。Source : VR-Zone Chinese



(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaはMoto Xの欧州販売を前向きに検討している様子
カラー液晶とE Inkディスプレイを搭載した2画面スマートフォン「YotaPhone」は海外でクリスマス前までに発売
Androidウォークマン「F880シリーズ」のオーディオ周りのシステムファイルがXperia Z1に移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP