ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI版Xperia Z UltraがFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI版Xperia Z UltraとみられるSony Mobile製スマートフォン「PM-0700-BV」が11月15日付でFCCの認証を取得しました。FCC IDは「PY7PM-0700」。KDDIの2013年冬モデルにXperia Z Ultraは含まれていませんが、「SOL24」として投入されるらしいらしく、今回の「PM-0700-BV」がそれだと考えられます。Xperia Z Ultraは、6.44インチフルHDのディスプレイを搭載したNexus 7よりも一回り小さなスマートフォン。Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM、800万画素のExmor RSカメラ、3,000mAhバッテリーなどを搭載しています。FCCの認証は、GSM 850/1990MHz、WCDMA 850/1900MHz、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(IEEE802.11a/b/g/n/ac、ANT+)、Bluetooth、NFCの周波数帯で取得しています。FCCの認証は取得していませんが、CDMA2000とLTEにも対応しています。Sony Mobileの6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra」開封の儀&ファーストインプレッションSource : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaはMoto Xの欧州販売を前向きに検討している様子
カラー液晶とE Inkディスプレイを搭載した2画面スマートフォン「YotaPhone」は海外でクリスマス前までに発売
Androidウォークマン「F880シリーズ」のオーディオ周りのシステムファイルがXperia Z1に移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP