ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Gogole検索アプリで音声操作を会話型で実行することが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週の水曜より配信中のGoogle検索アプリの最新アップデート版に、音声操作の一部を会話形式で進められる新機能が追加されました。これまで音声操作を実行するには完全なコマンドを話すか、画面に表示されたボタンを押して完了させる必要がありましたが、最新版でアプリがユーザーに質問するようになり、処理をステップバイステップで完了させることができるようになりました。例えばSMSを送信する場合、まず音声操作画面を表示し、「Send a text message」と話すと、アプリが「Who would you like to call?」と質問してきます。そこで名前を言うと「What’s the message?」と再度質問。本文となる文章を話すと「Do you want to send it?」と質問。最後に「Yes」と言うだけで送信は完了します。完全なコマンドを覚えなくても音声操作だけでメッセージを送信できるようになりました。会話型の音声操作はSMSだけではなく、Eメール(Send a Email)や電話発信(Call to)などでも機能します。残念ながら会話型の音声操作は端末とGoogle検索アプリの言語設定を「英語」にしておかなければなりません。日本語は非対応です。Source : Ars Technica



(juggly.cn)記事関連リンク
「Facebook Home」が最新のFacebookベータ版でリニューアルされる
LGがギリシャで「Optimus L9 II」を発売、4.7インチHDディスプレイと1.4GHzのSnapdragon 400を搭載
HTC One Google Play EditionのAndroid 4.4(KitKat)アップデートはまもなくGoogleより配信される見込み、ファームウェアは既に完成

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP