ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーモバイルで「Nexus 5(EM01L)」の販売が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イーモバイルで昨日11月15日にGoogleブランドのAndroidスマートフォン「Nexus 5(EM01L)」が発売されました。イーモバイルで発売されたNexus 5はストレージ容量16GBのみで、カラバリはブラックとホワイトの2色。イーモバイルショップなどの取扱店やイーモバイルオンラインショップで販売されています。イーモバイル版Nexus 5の販売価格は50,400円で、「バリュースタイル-S」で購入すると「月額割引-S」が適用可能になり、毎月1,680円(24か月総額40,320円)の割引を受けることができます。24か月間使用した場合の実質価格は10,080円です。なお、店頭にて一括購入する場合の端末価格は39,800円です。Nexus 5は、Androidの最新バージョンとなる「Android 4.4(KitKat)」を標準で搭載する最初のスマートフォンです。KitKatでは、メモリ消費量の削減やパフォーマンスチューニング、システムレベルでのNFCカードエミュレーションモードや印刷機能のサポート、ウェアラブルデバイスなどに用いられる新タイプのセンサーのサポート、Bluetooth HID over GATTやBluetooth MAPなどの新プロファイルのサポートなどが行われています。Nexus 5ではGoogle独自のホームアプリ「Google Home/Google Experience Launcehr」を利用できるところが他のNexus端末にはない特徴となっています。主要スペックは、5インチ1,920 x 1,080ピクセルのIPS液晶、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に800万画素カメラ(光学手ブレ補正)、前面に130万画素カメラ、2,300mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、Qi準拠のワイヤレス充電、GSM/WCDMA/LTEに対応しています。Source : イーモバイル



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawie Honor 4とされる端末の写真が流出、MediaTekの8コアプロセッサを搭載か?
‟クリスマスにしたいスマートフォンNo.1”と評される「Moto G」の開封映像が公開
Fitbitアプリは将来的にNexus 5、Nexus 4、Nexus 7(2013)とのデータ同期をサポートする見込み、アプリのベータテストプログラムが実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP