ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロシア警察の超美声ヒット曲カバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアの警察音楽隊の合唱団が、ネット上で話題になっている。やや強面で屈強な体つきをした制服姿の男たちが、意外な美声を披露しているのだ。

【画像や図表を見る】

歌っている曲はフランスのエレクトロデュオ「Daft Punk」の「Get Lucky」。メインボーカル2人のノリのよさに加え、年配の指揮者のにこやかな笑顔が花を添えている。

Daft Punkといえばヴォコーダーを使った機械的な声が特徴だが、合唱団による大勢でのコーラスが多重録音したような効果を生み出し、オリジナルを完全に再現。警察隊の音楽隊といえば、国歌を歌うようなイメージだが、彼らのセンスとテクニックは並ではない。

11月7日にYouTubeにアップロードされた動画の再生回数は、13日午後10時2分現在で213万PV。YouTubeのコメント欄には、

「AWESOME !!! (すばらしい!!!)」
「Much better than the original(オリジナルよりいいくらいだ)」
「You guys are awesome! I have to show this video to all of my friends.(この人たちサイコー! みんなにこの動画見せなくちゃ)」(※カッコ内編集部意訳)

など、各国から絶賛の声が並んでいる。日本でも話題になっており、Twitter上には

「ロシアのおっさんら、ノリノリや」
「ロシア警察のイメージが完全に覆ったばい(笑)」
「なんか余りにも意外な組み合わせで見入ってしまったわ w」
ロシアで警察で制服でRed Army Choir的響きでダフトパンクとか、全部のせ過ぎる!!マスト聞くべし( ゚∀゚)o彡」

と評価する声があがっている。

YouTubeにアップしたのは、ロシアの国有通信社「RIAノーボスチ」。書かれている説明文を読むと、警察隊が「Get Lucky」を歌ったのは、11月10日にクレムリンで開かれるコンサートの準備のためだそう。コンサート当日も観客を魅了したことだろう。
(R25編集部)

ロシア警察の超美声ヒット曲カバーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
超少人数吹奏楽部の演奏が絶賛の嵐
年末に「第九」が演奏されるのはなぜ?
米軍のねぶた祭参加が楽しそう
モテ声無料診断ツールとモテ声カフェが登場
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP