ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windowsツール「Nexus 7 Multi-Utility 」にAndroid(KitKat)の動画キャプチャー機能が追加、コマンドラインよりも比較的容易に撮影可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

XDA DevelopersでNexus 7用として配布されているWindowsツール「Nexus 7 Multi-Utility 」にAndroid 4.4(KitKat)の動画キャプチャー機能が追加されました。Andorid 4.4(KitKat)には、こちらの記事で紹介したように、画面の動きをそのまま動画ファイルとして記録できる新機能が追加されています。しかし、実際に利用するにはコマンドラインで操作しなければならず、少し面倒です。そこで今回紹介する「Nexus 7 Multi-Utility 」に追加された動画キャプチャー機能を利用すれば、ほぼ選択肢を選んでいくだけなので、コマンドを入力しなくても撮影できます(PCを利用する点は変わりませんが・・・)。利用方法。トップページで「1. Recording」を選択すれば動画キャプチャーモードになります。次の画面で撮影パラメータ(解像度やビットレートなど)を「1. Define custom settings」また「2. Use default settings」から選択します。「2」のデフォルト設定で特に問題はないでしょう。そして、「What would you like to name your file? It will be saved on the root of your sdcard.」と表示されたらカーソルの位置に記録する動画のファイル名(拡張子は含まず)を入力し、「ENTER」キーを押します。すると、動画の記録が開始されます。記録中は「Recording will continue until you hit CTRL + C Hit any key when you’re ready!」と表示されるので、撮影が終了したらキーボードの「CTRL」と「C」を同時に押して停止します。動画ファイルは/sdcard上にMP4形式で保存されます。このツールはNexsu 7用ですが、Nexus 4やNexus 5などの他のKitKat端末でも使用可能です。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDIのローミングサービス「グローバルパスポート」のLTE対応国に米国が追加
KDDI版Xperia Z UltraがFCCの認証を取得
HTC Oneシリーズ用のサブウーファー「HTC BoomBass ST A100」がHTC公式アクセサリーストアで発売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP