ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android端末をワイヤレススピーカー化する「SoundSeeder Music Player/Speaker」がGoogle Play Musicに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末をワイヤレススピーカー化する「SoundSeeder Music Player/Speaker」が11月11日にアップデートされ、Google Play Musicに対応しました。SoundSeederは音楽をコントロールするための「Music Player」とスピーカー化する「Speaker」の2アプリで構成されており、Music PlayerからSpeakerへ音楽ストリームをワイヤレスで転送、Speaker同士は再生位置が同期されます。つまり、複数のAndroid端末でステレオスピーカー付のコンポを構築できるアプリです。今回のアップデートでMusic PlayerがGoogle Play Music(とAll Access)に対応し、ストレージに内蔵した音楽だけではなく、クラウド上の音楽を再生することも可能になりました。利用方法は、まず、Music Playerアプリで「Settings」を開き、「Unlock Google Music Support」にチェックを入れて機能を有効にします。

次に、Google Play Musicアプリを開いて画面上に表示されたCastボタンをタップし、Music Playerをインストールした端末を選択します。Music PlayerアプリにChromecastのレシーバー機能を実装し、自分自身に転送する仕組みで実現している模様です。後は、Music Player上でリストから「Google Play Music」を選択すると準備完了です。Google Play Musicアプリで音楽を再生するとワイヤレス接続のSpeakerで音楽が流れます。

SoundSeeder Music Player」「SoudnSeeder Speaker」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Google Play EditionのAndroid 4.4(KitKat)アップデートはまもなくGoogleより配信される見込み、ファームウェアは既に完成
「Gear Manager」がアップデートされて全アプリの通知をGaalxy Gearに転送可能に
イーモバイルで「Nexus 5(EM01L)」の販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。