ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「豚バラにココア」「鮭とリンゴ素麺」…ヘンテコ料理人妻

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いろいろなアイディア料理が人気となっているが、なかにはとんでもないものも…。IT関連企業に勤務する埼玉県のHさん(30才)の奥様は、そんなヘンテコ料理の達人だという。決して有りがたくはないその料理とは、一体どんなものか。Hさんが告白する。

 * * *
 砕いたポテトチップをマヨネーズにまぶして、いちごジャムを入れたのをご飯にかける。鮭とぶつ切りにしたりんごを合わせて電子レンジでチンして、そうめんにかける。豚バラ肉に塩、こしょう、ココアの粉をかけて炒める。

 これみんな、うちの妻(28才)が感覚で編みだした「オリジナル料理」。

 まともな料理本を眺めているから、今夜こそはまともな料理が出るかと思えば、とんでもない。“ヘン料理”を作るためのアイディアはないか、探しているっていうんだからまいっちゃう。

 そもそも、初めて食べた妻の手料理、パイナップル入りのカレーをホメたオレが悪いんだけどさ。ふつうにおいしい肉じゃが、食べたいよ~。

※女性セブン2013年11月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ソースやドリンクにも! 自家製いちご酢のアレンジレシピ
デーブ・スペクター『アイアンシェフ』に「大成功でしょう」
88才料理研究家 母が子に「何食べたい?」と聞く姿に違和感

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。