ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Chrome 31」安定板がリリース、KitKatの印刷機能をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid向けCromeブラウザ安定板の新バージョン「Chrome 31」(31.0.1650.59,)をリリースしました。Chrome 31では、Android 4.4(KitKat)内蔵の印刷機能に対応し、Nexus 5などのKitKat搭載端末であればChromeブラウザのメニューから「印刷」を選択することで、WEBページの内容をクラウドプリント対応プリンタやHP製プリンタで印刷することができます。また、任意のWEBページをホーム画面のショートカットにする新機能が追加。設置方法はアプリメニューの「ホーム画面に追加」を選択し、表示名を好きなものにして「OK」をタップします。さらに、GoogleがWEBでの決済の標準化を目的に作成したrequestAutocompleteメソッドがサポートされ、対応したショッピングサイトで決済画面に支払い・配送先などの情報が自動入力されるようになりました。このほか、試験実装ですが、RAM容量の小さい端末で使用RAM量を削減するための新しいタブスイッチャーも利用可能になっています。デフォルトのタブスイッチャーはアニメーションを用いたグラフィカルなものが有効になっていますが、開発者向けオプションの「ユーザー補助タブ切り替えスイッチを有効にする」を有効にすることでシンプルなタブスイッチャーに切り替わります。「Chrome for Android」(Google Playストア)Source : Chrome Releases Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Windowsツール「Nexus 7 Multi-Utility 」にAndroid(KitKat)の動画キャプチャー機能が追加、コマンドラインよりも比較的容易に撮影可能
HTC M8のスペック流出合戦がスタート
FacebookがAndroid版「Facebookメッセンジャー」をリニューアル(更新:3.1.1-releaseとして公開)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP