ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JAWBONE、リストバンド型活動量計の新モデル「UP24」を発表、Bluetooth v4.0/LEに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JAWBONEは現地時間11月13日、リストバンド型活動量計「UP」の新モデルとなる「UP24」と、新バージョンのコンパニオンアプリ「UP 3.0」を正式発表しました。新型UPの大きな特徴はBluetooth v4.0/LEのワイヤレス通信に対応したことで、スマートフォン(現時点ではiPhoneのみ)と通信して、UPで取得した活動量ータをリアルタイムでスマートフォンに転送できるようになりました。前のモデルで取得データを転送するにはUPをスマートフォンのヘッドホンジャックに接続しなければなりませんでしたが、Bluetoothに対応したことで、キャップを外してスマートフォンに装着し、同期完了を待つということが無くなります。UP 3.0はUP24との通信に対応するほか、スマートフォンの通知を転送してUP24のバイブレーターを通じてユーザーに知らせる機能も追加されました。気になるバッテリー駆動時間は概ね7日とのことです。前のモデルが10日なので若干短くなりましたが、毎日充電することはならないので大した問題ではないと思います。UPは手首に付けて生活を送るだけで日々の歩数や移動距離、消費カロリー、動いた/何もしなかった時間、睡眠時間などの様々な活動を計測し、アプリを通じて確認できるガジェットです。UP24のカラバリはOnyxと柿色のPersimmonの2色。価格は$149.99。本日より米国で販売されています。日本での発売予定は発表されていません。UP 3.0の対応機種は現時点ではiOSのみで、Androidには非対応。対応時期も発表されていません。Source : JAWBONE



(juggly.cn)記事関連リンク
海外版Galaxy S IIIのAndroid 4.3アップデートは不具合だらけ
東芝、「REGZA Tablet AT503」と「REGZA Tablet AT501/28JT」にVer.4.2.1.001101115.02へのアップデートを配信開始
Android版「Chrome 31」安定板がリリース、KitKatの印刷機能をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP