ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、教育機関向けGogole Playストアを米国で提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが米国時間11月13日に教育機関向けのGoogle Playストア「Google Play for Education」の提供開始を発表しました。「Google Play for Education」は現在米国のみで提供されています。米国向けのサービスでは、K-12教育対象者(幼稚園~高校卒業までの13年間)を受け持つ学校での利用に特化した設計で、教師らがアプリ開発者やコンテンツプロバイダからの教育用アプリ・コンテンツなどの教材を検索してクラス全員の端末にインストールすることが可能になります。アプリ開発者は、自身が作成したAndroidアプリを「Google Play for Education」で配信することも可能です。設定もデベロッパーコンソールにおいて「Google Play for Education」用にマークするだけ。しかし、通常のGoogle Playストアとは違ってアプリ・コンテンツの公開には審査プロセスを経て承認を受ける必要があります。Source : Android Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「ATOK」がv1.6.3にアップデート、ATOK設定のエクスポート/インポート操作やキータッチ時の振動の長さの調節が可能に
Google Playストアで映画2本の無料レンタルが実施中
サザンオールスターズ公式サイトのAndroidアプリ「サザン+」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP