ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaが$179~の低価格で最新テクノロジを搭載した新型スマートフォン「Moto G」を発表、世界30カ国以上で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google傘下のMotorola Mobilityがブラジル・サンパウロで開催したプレスイベントで、同社の新型Androidスマートフォン「Moto G」を正式に発表しました。Moto Gは、同社が‟優れたものをお求めやすい価格で”と言うように、低価格ながらもそれなりに高性能で、最新のテクノロジを持ち合わせたAndroidスマートフォンです。4.5インチ1,280×720ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 400 MSM8226 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、容量2,070mAhで丸1日は持つとされる長時間バッテリーを搭載しながらも、8GBモデルが$179(約17,800円)、16GBモデルが$199(約19,700円)とエントリーモデル並みの価格で販売されます。米国ではSIMロックフリー&ブートローダーアンロック対応の状態でMotorolaが直販します。筐体デザインはMotorolaのフラッグシップスマートフォン「Moto X」を継承しています。背面の形状がMoto Xの独特なラウンドフォルムになっているので、相当持ちやすいことでしょう(体験済み)。Moto Gにはバックカバーを取り外すことが可能で、カラフルなスペアカバー、バンパー一体型カバー、磁石でスリープを切り替えられるフリップケースが提供されます。OSはAndroid 4.3(Jelly Bean)を搭載しており、中身は標準のAndroidに近い内容となっています。Motorolaは発表会の中でMoto Gを20141月よりAndroid 4.4(KitKat)にアップデートすると宣言しました。Moto Gは世界30か国以上で発売が予定されています。発売スケジュールはブラジルで今週中に発売、その後、数週間中に他の南米、欧州、アジア、カナダで発売されます。2014年初旬には米国でも発売されます。日本は発売国リストに含まれていなかったので、発売されないと考えられます。OS:Android 4.3(Jelly Bean)サイズ:129.9 x 65.9 x 6.0~11.6mm、質量143gプロセッサ:Snapdragon 400 MSM8226 1.2GHzクアッドコア、Adreno 305メモリ:1GB RAM、8GB/16GB ROM、Googleドライブ50GB無償提供、Micro SDカード使用不可カメラ:背面に500万画素(LEDフラッシュ付き、AFや720p@30fps動画撮影対応)、前面に130万画素ワイヤレス:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+ 21Mbps、GPS/GLONASSバッテリー:2,070mAhSource : Motorola MobilityMoto Gの製品ページ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、パイオニアと共同開発したドライバー向け新サービス「ドライブネットインフォ」を12月中旬に提供開始、新開発の車載キットも同時に発売
Google、Android版「Google検索」アプリをv3.1.8にアップデート、Google Nowを刷新、ホームアプリ機能も実装
Google+の公式Androidアプリがv4.2.3にアップデート、Google+フォトの機能を拡充

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP