ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリービットがスマートフォンキャリア事業「freebit mobile」を開始、端末と回線をセットで提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DTIの親会社として知られるフリービットは11月13日、「freebit mobile」というブランド名の下でスマートフォンキャリア事業に参入すると発表しました。freebit mobileは、NTTドコモの通信網を利用して提供されるMVNOサービスの一つですが、通信回線だけではなく、自社で開発した端末をセットで販売し、さらに、自前のIP電話サービスやクラウドサービスも提供するというソフト・ハード・回線を併せ持つというMVNOの中では新しいサービスです。freebit mobileの中で提供される端末「freebit PandA」は、Android 4.1.1(Google Play対応)を搭載した画面サイズ5インチのPhabletです。SIMスロット2つ付きのデュアルSIM端末で、5インチFWVGA解像度の液晶ディスプレイ、1GHz駆動のデュアルコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、背面に800万画素カメラ、2,000mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス機能はWI-Fi b/g/n、Bluetooht v2.0、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA(800/2100MHz)に対応。料金プランは、PandA(22,858円、24回払いだと952円/月)と基本プラン(通話基本料とパケット使い放題)の1,048円でジャスト2,000円/月。freebit mobileにはオンライン(http://freebit.jp/)で申込ます。商品の発送は11月末~12月上旬です。Source : フリービット



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、パイオニアと共同開発したドライバー向け新サービス「ドライブネットインフォ」を12月中旬に提供開始、新開発の車載キットも同時に発売
Google、Android版「Google検索」アプリをv3.1.8にアップデート、Google Nowを刷新、ホームアプリ機能も実装
Google+の公式Androidアプリがv4.2.3にアップデート、Google+フォトの機能を拡充

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP