ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ごちそうさん』男性視聴者に評判の「杏よりソソる美熟女」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大人気を博した前作のNHK朝ドラ『あまちゃん』。その平均視聴率の最高は27.0%(9月16日放送)で、過去10年の朝ドラでトップだったが、現在放送中の『ごちそうさん』は第15回(10月16日放送)で早くも27.3%を記録。軽く『あまちゃん』超えを果たしてしまった。

『あまちゃん』は夏(宮本信子)──春子(小泉今日子)──アキ(能年玲奈)、『ごちそうさん』はトラ(吉行和子)──イク(財前直見)──め以子(杏)と、両ドラマとも共通して祖母・母・子と3世代の女性を描いている。

 これらメインキャストは甲乙つけがたいが、それ以外の脇役たちの「濃さ」は『あまちゃん』が段違いだ。

 アキの親友・ユイ(橋本愛)だけでなく、駅長・大吉(杉本哲太)に太巻プロデューサー(古田新太)、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)などの各キャラクターを主人公にしてスピンオフドラマを作っても成立しそうなほど。たった一話しか出ていない前髪クネ男(勝地涼)も、強烈なインパクトだった。

 それでは『ごちそうさん』の脇役に見るべきものがないかというと、決してそんなことはない。

 一部の男性視聴者の間で、「ヒロインの杏より断然ソソる美熟女がいる」と話題になっているのが、め以子の通う女学校の教師・宮本を演じる奥貫薫(42)だ。

「まさにクールビューティー。派手さはないが、凛とした美しさがある。背が高い上に色黒の杏は和服姿にどうも違和感を感じてしまうので、2人が並ぶと杏は完全に引き立て役に回ってしまう。物語の舞台が東京から大阪に移ると、登場が少なくなるんでしょうか……。残念です」(40代男性)

※週刊ポスト2013年11月22日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『あまちゃん』超えの『ごちそうさん』 関西人の心掴み好調
「つまらないもの…」等日本特有言い回しの英語表現満載の書
好調の『ごちそうさん』 どこかで見た展開が女性に心地よい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP