ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年9月の国内スマートフォン出荷台数は81万台とマイナス成長(JEITA/CIAJ調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JEITAとCIAJより2013年9月の国内携帯電話・PHSの出荷台数調査結果が発表されました。9月といえば、Androidスマートフォンを中心とした夏モデルがほぼ全て発売された後であり、冬モデルの発売を控えた時期。また、国内キャリア3社よりiPhone新モデルとなる「iPhone 5s」と「iPhone 5c」が発表された時期となります。新型iPhoneが発売されたとはいえ、特にiPhone 5sは在庫不足が10月まで続いていましたね。同社の調査結果によると、携帯電話・PHSの総出荷台数は前年同期の81.1%となる約200万台と、3カ月連続のマイナス成長でした。このうち、スマートフォンは前年同期の58.4%となる約81万台と、こちらも3カ月連続のマイナス成長。スマートフォン比率は40.5%に下がっています。JEその一方、PHSについては前年同期の251%となる約21万台と大幅なプラス成長となりました。ウィルコムからスマートフォンの新型が2機種発売されたことが20万台越えの大幅なプラス成長に繋がったと指摘されています。Source : JEITA



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年Q3の世界スマートフォン出荷台数シェアでAndroidが81%を記録(IDC調査)
SCEがPlayStation 4のAndroid向け公式アプリ「PlayStation App」を配信開始
MotorolaはMoto Gと共にMoto Xのグローバル展開も発表予定?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP