体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovoが5.5インチフルHDディスプレイ・Snapdragon 800を搭載した「Vibe Z」を発表

デジタル・IT

Lenovoが中国でVibeシリーズの新型Andriodスマートフォン「Lenovo Vibe Z」を発表しました。Vibe Zは、5.5インチ1,920 x 1,080ピクセルのIPS液晶とSnapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデル。同社が9月下旬に中国で披露した「Leovo K910」の製品名が「Vibe Z」になります。画面サイズが大きいのでPhabletといったジャンルの製品になりますね。筐体はフラット型のメタリックボディを採用しており、LenovoのノートPCやタブレットと統一性のあるデザインに仕上がっています。さらに、厚さは7.9mmと薄型設計。メモリは2GB RAMと16GB ROMを搭載。メインカメラは1,300万画素1/3.06型Exmor RS(IMX135)イメージセンサーと開放F値1.8を実現した5層構造のBlue Glass、さらに、デュアルLEDフラッシュという仕様です。前面には84度の広角レンズを内蔵した500万画素カメラが搭載されています。Vibe ZはデュアルSIM対応スマートフォンで、中国3大キャリアに対応したモデルとグローバルモデルの4種類が用意されています。グローバルモデルではLTEにも対応しているそうです。

OSはAndroidベースの「Vibe ROM」を搭載。LenovoはVibe ZのためにGalaxyスマートフォンのS Viewカバーのような小窓付フリップケースも開発しています。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5で無線LANの12ch、13chに接続できないと複数名が申告
NTTドコモ、「Optimus LTE L-01D」にspモードメールの不具合解消アップデートを配信開始
Nexus 7をAndroid 4.4(KitKat)にアップデートしてもGoogle Homeは提供されず

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会