ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と難しい! 左右対称にバランスよくメイクするコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


右の眉はうまくかけたのに、左を失敗しちゃった! アイラインを引くときに、いつも右側だけうまく引けない!
こんなお悩みを持っているの方はいませんか? バランスよくメイクするのって、意外と難しいんですよね。そこで、左右のパーツをバランスよく仕上げるためのコツをご紹介しましょう!
■真顔写真を撮影し自分の顔のつくりを観察する
右目が若干大きかったり、左の眉が下がっているなど、基本的に人の顔は左右が非対称になっています。メイクで左右のバランスを整えるためには、まず自分の顔のつくりを、自分自身でしっかり把握することが大切です。
スッピンで真顔の顔を正面からカメラで撮影し、写真を見ながら自分の顔のそれぞれのパーツを観察してみましょう。
ちなみに、鏡で見る自分の顔は、無意識にいい顔を作ってしまうので、あまりオススメはできません。
■左右を交互にメイクする
一工程ずつ左右交互にメイクしていくと、バランスがとりやすくなります。たとえば「チークの濃さや高さが左右違う」という失敗が起こる場合。
片頬を完全に仕上げてから反対の頬に移るのではなく、まず右頬にチークをフワッと入れる、同じように左にもフワッと入れる、右に戻って少し濃く入れる、左も少し濃く入れる…、というように、交互にメイクしていくと失敗を防げます。
■苦手なところから始める
利き手側の顔(右利きなら右半面)からメイクを始める人が多く、そちらの顔の方が上手にメイクできる場合が多いのですが、あえて先に苦手な方(利き手と逆の顔)から始めることで、集中力も維持でき、失敗が少なくなります。
万が一多少失敗しても、残っているのは上手にメイクできる利き手側の顔なので、バランスをとるのはさほど難しくないはず。
左右対称の顔は、美人顔の条件とも言われています。メイクでしっかり矯正して、美人顔になっちゃいましょう
Young beautiful woman image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
寒さと乾燥でお肌は一気に老け込む!「エイジレスガール」になるための3つの習慣
3か所を引っ張るだけでシェイプアップ! らくらく美容法
この愛らしさは最高級! 簡単ガーリーに仕上がる「ネコネイル」まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP