ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンワサプライ、NFCに対応したスピーカー用Bluetoothオーディオレシーバー「400-BTAD003」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンワサプライは11月11日、Bluetooth非対応のスピーカーやアンプをBluetooth・NFC対応のワイヤレススピーカー化するオーディオレシーバー「400-BTAD003」を同社の直販サイトを通じて発売しました。価格は3,480円です。「400-BTAD003」は、Bluetooth v3.0と近距離無線通信のNFCに対応した小型のオーディオレシーバー。Bluetoothに対応しないスピーカーやアンプの3.5mmステレオミニジャックに接続することで、それらの機器をワイヤレス化します。本体上部にはNFCのアンテナが内蔵されており、NFC対応のスマートフォンやタブレットを本体上部にかざすだけでBluetoothのペアリングや接続/解除をワンタッチで行うことができます。また、本体にはマイクも内蔵されており、スマートフォンの通話をハンズフリーで行うこともできます。筐体サイズは直径78mm×高さ20mm、重量は20g。ワイヤレス通信機能はBluetooth v3.0(HSP/HFP/A2DP/AVRCP)とNFCに対応。対応オーディオコーデックはSBCのみ。駆動方式はバッテリー駆動とUSB電源の2通り。内蔵バッテリーの容量は300mAhで、バッテリー駆動時間は、音楽再生と通話で約20時間、スタンバイ状態で約50時間となっています。Source : サンワサプライ



(juggly.cn)記事関連リンク
Android市場におけるSamsungのシェアは63.3%
Google Nexus 5(LG-D821)開封の儀&ファーストインプレッション
HTCがロシアでDesire XのデュアルSIM版「Desire X Dual SIM」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP