ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

謎のXperiaスマートフォン用筐体フレームの写真が流出、2014年フラッグシップモデルはXperia Z1のデザインを継承?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの次期Xperiaスマートフォンのものとされる筐体フレームの写真が中国のWEBサイトで流出しました。筐体フレームは一見するとXperia Z1ホワイトバージョンのものに近いデザインです。フレーム形状やカラーリング、大きめの電源ボタンを装備したところはXperia Z1そっくり。ただ、フレーム下部にスピーカーメッシュ用のクリアランスが設けられていないところや、右側面のボタンの位置がXperia Z1と微妙に異なるなどの違いが見受けられます。情報元によると、フレームサイズ自体はXperia Z1と変わらないそうです。Sony Mobileの来年モデルについては、5.2インチフルHDディスプレイとSnapdragon 800 MSM8974ABを搭載するという噂や、5.4インチ4K解像度のIGZOとSnapdragon 1200 8コアプロセッサを搭載するといった噂が伝えられていますが、今のところ確からしい情報は何一つとして出てきていません。今回のフレームがもし次期フラッグシップモデル用だとすると、筐体・画面サイズはXperia Z1と変わらないと考えられます。Source : C科技



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、NFC対応のエントリーモデル「Galaxy Core Plus(SM-G3500)」を発表
米Mad CatzのAndroidゲーム機「M.O.J.O」にNVIDIAのGameStream機能が追加される見込み
Sony Mobileの台湾スマートフォン市場シェアが20%を突破、Xperia Z1が好調、2014年にはLTE対応機種を積極的に投入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP