ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、AQUOS PAD SHT21の再起動問題を解消するソフトウェアアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは11月11日、シャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT21」に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。KDDDIによると、Android 4.1を搭載したSHT21では操作中に突然本体が再起動してしまう問題が発生しており、今回のアップデートでその問題が解消されます。なお、現在Android 4.0で運用中のSHT21で本アップデートを実施するには、まず先にAndroid 4.1へのアップデートを実施する必要があります。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。各機種の設定メニューを表示後、「端末情報」→「メジャーアップデート」より手動でアップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は6分。アップデート後のソフトウェアビルドは「01.01.01」です。Source : シャープ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの台湾スマートフォン市場シェアが20%を突破、Xperia Z1が好調、2014年にはLTE対応機種を積極的に投入
「Xperia Z1S」がSony Mobileの公式サイトに登場(更新)
英国のAmazonが「Moto G」の商品ページを公開、価格は日本円で約2万円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP