ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

唇コンプレックスをメイクで解消! すぐ試せる3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「唇が分厚すぎる」「口が大きい」など口元に対するコンプレックスってありませんか? 口元は顔の印象を変えやすいパーツ。上戸彩さんや石原さとみさんなどの口元は、「元気そう」「甘えん坊そう」という独特の雰囲気を放っていますよね。
持って生まれた唇を変えることは難しいですが、自分の魅力を最大限に引き出す唇を作る方法があるようです。今回は、『あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典』(高橋書店)のなかにあった、唇の黄金比メイクポイントを3つご紹介します♪
1. 山は丸く描く

「エレガントさをつくるのは、やわらかそうな唇の質感。唇の山のラインを少し丸めに描くことで、ふっくらとした女性的な印象になります」

ぷっくりとした唇は、かわいくて触ると気持ちがよさそう。男子もそんな唇をみると思わずキスしたくなっちゃうかも!?
あまりに山ラインを強調しすぎるとたらこ唇になってしまうので、自分の唇にあった山の丸みのボリュームを見つけてください。
2. 口角部分は上げめにする

「口角が上がっていると口元はそれだけで華やかに見えるものです。『エーッ』というときに口角が上がるのを利用して、上向きの輪郭をキープ」

いつも笑顔でいる女子は、男子から魅力的に見えます。でも1日中口角を少しだけ上げておくなんてことをしたら口が疲れそう。普通にしていても、少し微笑んで見えるようなメイクにすれば、笑顔のステキな女子と感じてもらえますね。
3. アウトラインは2ミリ外側に描く

「唇のアウトラインは赤い色素の境目? いいえ、じつはもうひとまわり外側に色素の薄いアウトラインが。本当の縁は、2ミリ外側のここなのです」

唇のラインって難しいですよね。大きくそれ過ぎてもダメ、小さすぎるとボリューム感が出ないと悩む人もいるのでは? はっきり2ミリと言ってもらえると描きやすいです。とくに、下唇のボリュームを出すのにはプラス2ミリが効果的ですよ。
メイクってちょっとした工夫でイメージががらっと変わります。少しでも自分に合うメイクを知っていると恋でも得をするかも。色やリップでさらに魅力的な唇を作る方法も載っているので、本でチェックしてみてくださいね。
タイトルが「事典」というだけあって、情報量が半端なく多いです。自分の顔のコンプレックスをうまく利用するメイク法や「小顔効果のある眉の描き方」も載っていました。あなたのメイクの悩みはなんですか? この本を手にとって悩みを解消しましょう!
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
寒さと乾燥でお肌は一気に老け込む!「エイジレスガール」になるための3つの習慣
3か所を引っ張るだけでシェイプアップ! らくらく美容法
この愛らしさは最高級! 簡単ガーリーに仕上がる「ネコネイル」まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP