ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 800ファミリーの「MSM8974」と「MSM8974AB」の違いは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近発表されるスマートフォンの中で、Snapdragon 800ファミリーを使用していても「MSM8974」と「MSM8974AB」の表記が使用されていることがあります。両者の違いは何なのでしょう。伝えられているところによれば、MSM8974とMSM8974ABの内部構成は基本に同じで、MSM8974ABではMSM8974よりもCPUやGPUなどの各部分の動作クロックを高めるなどの性能強化が施されています。資料によると、(MSM8974→MSM8974AB)CPUの最大動作クロック数は2.2GHz→2.3GHz、GPUの最大動作クロック数は450MHz→550MHz、対応RAMはDDR3 800MHz→DDR3 933MHzに拡張、ISPキャッシュの最大動作クロック数は328MHz→465MHzとなっています。MSM8974ABの方が高性能ということになりますね。スペックシートに「MSM8974AB」と明示的に記載されていれば、MSM8974の高速版と考えらればよいでしょう。Source : CNMO



(juggly.cn)記事関連リンク
英国のAmazonが「Moto G」の商品ページを公開、価格は日本円で約2万円
ようやくNexus 10でAndroid 4.4(KitKat)が試せるようになりました。AOSPベースのカスタムROMが公開
MediaTekの8コアプロセッサ「MT6592」を搭載したスマートフォンのデモ映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP