ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『いいとも!』の魅力 枠の中で盛り上がる究極のマンネリズム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来年3月で終了することが発表された『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。

 映画化もされた芥川賞作家・吉田修一さんの小説『パレード』(幻冬舎文庫)には、こんな一文がある。

<「笑っていいとも!」ってやっぱりすごいと私は思う。一時間も見ていたのに、テレビを消した途端、誰が何を喋り、何をやっていたのか、まったく思い出せなくなってしまう>

 関東学院大学文学部教授(メディア論)の新井克弥さんは、これこそが『いいとも!』最大の魅力だと話す。

「タモリは大まかな進行は制作側に任せて、そのシナリオのうえで自由に立ち回る。決まりきった枠という制約のなかで、ゲストや他のレギュラー出演者たちと盛り上がる。いうなれば究極のマンネリズム。ひとつのパターンの上で、無限のものを繰り出しているんです」

 実際、タモリ自身もマンネリを大切にしながらも、その中に刺激を入れる工夫を常に凝らしていた。

 26年間レギュラーを務める笑福亭鶴瓶(61才)は、番組中にボケをタモリに潰されることがたびたびあった。それがどうしても嫌だった鶴瓶はある時、直訴したという。すると、タモリは飄々としてこう答えた。

「邪魔することによって、いつものセオリーじゃない笑いが生まれるんだよ。つまりはマンネリがなくなるんだよ」

 そのときの感想を鶴瓶は、あるインタビューでこう語っている。

<いつも見てた同じようなコーナーに付加価値を生むためにも、マンネリを防ぐためのプロの言葉やって思った>

 その32年間の“マンネリ”も今終わりを迎えようとしている。

※女性セブン2013年11月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いいとも!後任は中居で調整 代わり映えない布陣に不満出る
アルタ警備員だった要潤 いいともコーナー出演で芸能界入り
タモリ コージー冨田と共演しないのはタモリ流の美学との説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP