ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保存版:Androidを操作中にGoogle+アプリで「サーバに接続できませんでした」メッセージが表示された場合や、Google検索アプリで「ログインエラー」が発生する場合の対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Android端末(~Android 4.4)を操作中にGoogle+アプリで「サーバに接続できませんでした」や、Google検索アプリで「ログインエラー」などのエラーメッセージが続出し、それらのGoogleアプリが使用できなくなってしまう問題への対処法を紹介します。つい最近、私もこの問題に遭遇してしまい、解決までに半日もかけてしまいました。解決するまでの中で分かったことが、この問題は特にAndroidを長年使っている場合に遭遇する可能性が高いことです。問題が発生したアプリのキャッシュクリア&データ削除を試しても解決しない場合、おそらくこの記事で紹介する方法を試してみてください。たぶん、問題は解決すると思います(解決しなかった場合はごめんなさい)。私が遭遇した問題は次の通り Google+アプリで「サーバに接続できませんでした」「Google+アカウントの権限に問題が発生している可能性があります」といったメッセージが表示されてしまい、Google+にログインできない ハングアウトアプリでログインできない Google Playゲームを起動すると即座に停止してしまう Google設定アプリの「接続済みアプリ」の読み込みに失敗する YouTubeで「ログインエラー」が発生する 端末の設定メニュー→アカウント設定→Googleアカウントの同期が「同期エラー」になる Google Nowでログインエラーが発生してしまうでは対処法を紹介します。まず、WEBブラウザでGoogleのサイトにアクセスし、画面右上のプロフィールアイコンをクリックして、「アカウント」リンクをクリック。次に、画面左列の「セキュリティ」をクリックします。下にスクロールして「接続済みのアプリケーションとサイト」の「権限を確認」をクリックします。「Googleアカウントに許可されたアクセス」には過去にGoogleアカウントでログインしたアプリやWEBサイトが一覧表示されます。ここでまず、「Android Login Service — アカウントへのフルアクセス」の「アクセスを取り消す」をクリックしてみてください。そして、Android端末でログインできるようになったかどうかを確認してみてください(私の場合はこれで同期エラー以外の問題は解決しました)。それでも解決しない場合、問題が発生しているアプリの名前をキーワードにして一覧からそれらしいアクセス許可を探し、許可を取り消します。例えば、Google Playムービーで問題が発生していれば、「Google Play」と名の付くアクセス許可を取り消します。



(juggly.cn)記事関連リンク
モバイル決済ソリューション「Square」がアメリカン・エキスプレス(AMEX)のクレジットカードに対応
米Verizonが自社の公式サイトでMoto Xを自分でデザインできる「Moto Maker」の公開を予告
サンワサプライ、NFCに対応したスピーカー用Bluetoothオーディオレシーバー「400-BTAD003」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP