体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC、英国の若手デザイナーとコラボして3Dプリントで出来たHTC One用スピーカードック「Gramophorn II」を開発

HTCの英国法人が同社の‟Here’s to Creativity”キャンペーンの一環として、英国の若手デザイナー Justin WolterのデザインしたHTC One用のスピーカードック「Gramophorn II」を発表しました。‟Here’s to Creativity”キャンペーンは若手のデザイナーや作家、アーティストたちを、彼らに自身のアイデアを具現化する機会を提供することで支援するという取り組みです。その中で今回の「Gramophorn II」が生まれました。「Gramophorn II」は、3Dプリンターによる石膏ベースの複合素材で出来た筐体のパッシブスピーカードックです。内部にアンプは内蔵されておらず、HTC OneのBoomSoundアンプを用いて音を出力します。パッシブスピーカーなので音量は期待できそうにないと思いきや、HTCの発表によると、音の大きさはHTC Oneの内蔵スピーカーよりも50%大きいとのことです。「Gramophorn II」のラインアップは£999の通常版(上図)と、£4,999でボディにステンレス素材を使用した限定版の2種類。どちらもオーダーメイドとなっています。Source : Gramophorn II



(juggly.cn)記事関連リンク
モバイル決済ソリューション「Square」がアメリカン・エキスプレス(AMEX)のクレジットカードに対応
米Verizonが自社の公式サイトでMoto Xを自分でデザインできる「Moto Maker」の公開を予告
サンワサプライ、NFCに対応したスピーカー用Bluetoothオーディオレシーバー「400-BTAD003」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。