ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風邪治しの定説 熱い風呂に入る・酒を飲む・汗をかくは誤解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気温が急に下がり、風邪をひく人が急増しているが、広く“治る”といわれている対策が実は逆効果なこともある。

 例えば、【熱が出そうなときは熱いお風呂に入ってガンガン温まる】のはNGだと薬剤師・ 衛生検査技師の三上彰貴子さんは解説する。

「お風呂で温まるだけで免疫力が上がると勘違いする人もいますが、実はウイルス増殖を後押しする結果に。また、入浴はかなりエネルギーを消耗します。風邪をひいているときは、原則としてエネルギーを消耗する行動は控え、休息に徹するほうが賢明です」

 また、【お昼に薬をのみ忘れたから夜、2回分のむ】のも危険だという。

「薬は用法用量を守らなければ、効き目を発揮しません。1日3回タイプの薬なら最低4時間、2回なら6~8時間あければ、のむことができます。気がついたときが次の服用時間なら、1回抜いて、2回分のまないこと! 成分の濃度が変わり、危険です」(三上さん)

【風邪をひいていてもお酒のアルコールでウイルスを撃退する】なんていう人もいるが…。

「薬とアルコールを一緒に摂ると、薬の成分が強く出すぎる場合があり、危険です。とくに、ヒスタミンが含まれた薬は、眠気を助長します。また、アルコールをよく飲む人は、痛み止めのアセトアミノフェンで肝臓を傷める場合も。医薬品の栄養ドリンク剤も、アルコールを含んでいる場合があるので要注意です」(三上さん)

【しっかり厚着と暖房で大汗をかいてウイルスをやっつける】も間違いだと、東京慈恵会医科大学准教授・医学博士の浦島充佳さんは指摘する。

「汗をかいたから治るのではなく、治ったサインとして汗が出るというのが正解。体温を上げて活性化した免疫がウイルスを打ち負かし、風邪が終息に向かうと、汗をかいて体温を戻すのです。ですから、風邪を治すために無理に汗をかくというのは、エネルギーを消耗するだけで、逆効果。また暖房のつけすぎは部屋の空気が乾燥するのでNGです」

※女性セブン2013年11月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高リスクで肝癌に進展する「非アルコール性脂肪肝炎」とは
冬のインフル 空気の乾燥、鼻や喉の温度低下が流行の原因に
ヘルペスの仲間のEBウイルス 成人になるまでに9割が感染

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。